「継続は力なり」2019年も進もう

2019年3月に集中したイベント
3月7日   幼稚園「おはなし音楽会」
3月11日 保育のお仕事応援フェスタ
     絵本講座
3月21日 NPO法人淡海かいつぶりセンター
     絵本ミニライブ
無事終えることができました。
Img_0263
ご卒園も近いということで、
定員オーバーの48名の園児さんが
参加してくれました。
Epson011a_1
「月ようびはなにたべる」
 エリック・カール  訳  もりひさし
 偕成社
年長さん 年中さん 年少さんに
わかれて 歌と一緒に言葉リズムを
たたきました。
Epson010
「へんしんねこ」
 作・絵 星野イクミ すずき出版
扉をめくった瞬間から「え~!!!」
ってみんなの楽しそうな声。
絵にあわせて音楽効果の
♫「ねこふんじゃった」も
変身していきます。
急遽、1冊絵本を追加
お預かり先生にも
変身していただきました
おでこはめえほん
「けっこんしき」鈴木のりたけ ブロンズ新社
「先生きれい~」の園児さんの声に
 お預かり先生は照れておられました。
♫「アビニヨンの橋の上で」
       編曲 たまき
園児さんにもいっぱい
変身してもらいました。
やっぱり
どこの園でも 
DAPANPUのあの曲は大人気❤
Epson045
「はじめのいっぽ」
詩 新沢としひこ  絵 あべ弘士 アスク・ミュージック
手話とともに歌いました。
年長さん達
4月からかっこいい1年生に
変身してね♪
6月から参加してくれた
園児さん全員に
ストラップ&缶バッジをプレゼント
写真撮るのを忘れました。
手作り100個
これも頑張りました~
Img_0262
忙しい中手伝ってくれている竹ちゃん先生に
感謝!!!!!感謝💕
3月21日
NPO法人淡海かいつぶりセンター
でのAYA世代の集い
20代の男の子達と
お話しました。
すごくしっかり
自分の思いをお話されていて・・・
我が息子は、
あんな風に話ができるのかしらん・・・
と、思いました。
センターは、イギリスの
「マミーズ・キャンサー・
 ケアリングセンター」
をモデルに
患者さんやご家族の支援を
目的として開設されたそうです。
スタッフの皆さんは
患者さんやご家族が
「ここに来てよかった」
と、思っていただけるよう
何をしたらよいのか・・・
真摯に考えておられます。
これからのセンターのあり方を
熱く語っておられました。
本当につらい時
心のささえと
なってくれる
人・音楽・絵本・お話
私が実感したことも含め
お伝えしていきたいと思いました。
Epson011
「はじめまして」
 作 安藤薫美子 偕成社
2月22日に参加した
村中李衣先生のファンミーティングの
講義をヒントにプログラムを
構成しました。
Epson31a
「ボクも川になって」
文 さとみきくお 絵 うしじましずこ
ダイヤモンド社
木の板目に描かれたクレヨン画
綺麗です。
自然とともに生かされている命を
あらためて感じます。
Epson321a
「ぼちぼちいこか」
文マイク・セイラ― 
絵 ロバート・グロスマン
訳 いまえよしもと
病気や辛い体験をすると
どうしても物事を重くうけとめがちです。
そんな時に
「ふっ・・・」と、
一呼吸することも大切。
いつもは、ピアノで音楽効果つけますが
今回は、楽器もないので皆さんの声で
効果音をつけていただきました。
センターの方に
「楽しかったです~」
とお言葉をいただきました。
私は、参加者の方と
読みあいするのが
1番うれしいし、楽しい。
Img_0265
まだまだセンターの取り組みが
知られていないのが現状だそうです。
たくさんの方がこのセンターのことを
知ってくださると良いのですが・・・
今回、プロジェクターを使った
講座という
挑戦もあり
年始から準備は
大変ではあったけれど
〇十年の
たくさんの たくさんの失敗
そんな経験も
活かせているのかなあ・・・
と思えた3月でした。😃
「継続は力なり」ですね。
今できる力で
誠心誠意取り組んでいきたいです。

| | コメント (0)